元ITエンジニアの専業投資家による投資ブログです。FX/CFDをメカニカルトレードで運用していましたが自身の裁量トレードに追いつけずに迷走っぷりを晒すブログになってしまいました。

プロフィール

メカニカルトレード専業投資録

Author:メカニカルトレード専業投資録


某国立大(理系)卒業後、IT業界を経て専業メカニカルトレーダーになるつもりでしたが。。

完全自動売買システムを運用するも自身の裁量に勝てず断念。
人工知能の進歩による裁量取引の危機も感じてる状況です。

カテゴリ

人工知能を探る

特集に「人工知能と為替の現状」とあったんで
読ませて頂きました。

月刊 FX攻略.com 2017年7月号
http://new.fx-koryaku.com/magazine_contents/201707m

内容は基礎的な人工知能の定義の部分が
半分以上を占めていました。

機械学習と深層学習の違いとか。

人工知能の分野に慣れ親しんで無い方の為に
わかりやすく説明されており、終盤に少しだけ
現段階でプロ・機関投資家は
人工知能をどう活用してるのか
が書いてありました。
詳細は上記の雑誌を読んでみてください。

個人的にはこの記事を読んでホッとしました。
私の想定する活用範囲内でしたので。
現段階では弱小個人投機家の立場としても
しばらくは問題なさそうな感じを受けました。


いやーそれにしても
将棋界の藤井四段28連勝歴代1位タイ記録みました?
すごいですよね。
彼は人工知能の先をいってる感じがしてます。

AI時代の申し子 21世紀生まれの初の棋士 詰め将棋も怪物
http://www.sankei.com/life/news/170621/lif1706210052-n1.html

彼は我々みたいな投機家の現在の手法が
通用しなくなった時のヒントというか可能性を
何らかの形で残してくれていると私は感じています。

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」

AIを知らなければいけない時代が
将棋界には既に訪れてるみたいですね。
藤井四段は既にAIを味方にしてるのでしょう。

我々投資家にもAIを知らなければならない時代が
いずれ訪れるのかもしれません。

将棋界と一般の個人投資家が容易に参加できる業界では
母集団のレベルが違いすぎるんでしょうけどw

母集団のレベルが低いにこしたことは無いんですけどね
生活かかってる弱小個人投資家の私としては…汗w


あと録画してまだ観てないんですけど
↓こんなのもあります。

天使か悪魔か 羽生善治 人工知能を探る(NHKスペシャル)
http://www.nhk.or.jp/special/ai/

NHKオンデマンドで配信されてるようなので
興味のある方は是非。
スポンサーサイト
【 2017/06/21 23:55 】

コラム  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

トランプ経済

結構前の話になりますけどNHKスペシャルのトランプ経済特集、面白かったですね。

“トランプ経済”は世界を変えるのか!?(NHKスペシャル)
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20170402

トランプの経済政策はニューディール政策とレーガノミックスを同時にやってるようなもので大変危険であると言っていました。
あるアメリカの大手調査会社の試算によると、これらの経済政策を実施した場合、以下のような予想になるんだそうで。。

アメリカ大手調査会社の試算

前回の記事で世界恐慌について書きましたけど事態はもっと深刻なようですね。


経済が滞ってしまい出来高も少なくなって今のように頻繁にトレードできなくなってしまったら、人工知能をベースにしたトレードシステムの開発に取り組もうと思ってましたが、トランプさん見てると実行力と軌道修正のスピードが凄くて、意外と持ちこたえそうな感じもするんですよね。
彼が時代を変えるとまでは行かなくとも、ヒントになるようなことを得られるかもしれませんしね。
振り回される国民はたまったもんじゃないでしょうけど。。

いやぁ~実に面白い時代ですよね!
生きられるもんなら数百年ぐらい生きてみたいものですw
【 2017/05/11 17:01 】

コラム  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

世界恐慌が来る前に準備を

経済学者では無いので前回の世界恐慌の原因まで詳しくはわかりませんが、
ちょっとググって得られる情報をまとめるだけでもそろそろ来そうだなと。

・購買力の低下
 →プレミアムフライデーとかで購買力を高めようと必死にやってるけど…
・過剰な設備投資
 →金融緩和のおかげで投資しやすい
 →投機はするがシッカリ投資したい企業が少なすぎる
 →時期的にバブル発生崩壊も?
・貿易の縮小
 →アメリカファーストを初めとする世界的なローカライゼーション/高関税政策

「世界恐慌」での検索結果を上位から順に
http://manapedia.jp/text/868
http://www.y-history.net/appendix/wh1504-001.html
http://www12.plala.or.jp/rekisi/sekaidaikyoukou.html

お金の流通自体が少なくなってしまっては投資もクソもありませんからね。
自動売買も停止するか投資額をゴッソリ減らすしか。。

仮に世界恐慌が起きたとして
その後どうなるかなんてわかりませんけどね。
チャート同様に大きな下落の後に長い横ばいの後
徐々に上昇に向かうのは間違いないと思いますが
その基盤システムが今まで通りの資本主義のまま変わってないのか
ベーシックインカムをベースにした社会構造に変わってるのか
興味深いですね。

個人的に日本人は
アメリカより欧州の思想の方が合ってると思うんで
ベーシックインカムが向いてると思いますけどね。

同級生に経済学者がいるんですが、そういった話をしてみたいものです。
(著書をみるとこのような研究は対象にしていないみたいですが。。)

どっちにしても今のうちに稼いどくしかないです。。
その稼いだ資金を元に社会貢献するしかないですよね。
少しずつ光のみえる企業に資金を投入して救済の方向へ。
これこそ投資の真髄だと思っています。
結果的に長期のバリュー投資になるんですがw

細かいことを言うと、底からの上昇ブレイクを狙うのでは無くて、底で長い時間をかけて買い集めるイメージw
プログラミングするならRSIやストキャスの底で買うだけの単純ロジックでいいかもw
起動する時期は裁量でw

普段投機しかしてない発想でスイマセン。。
だからこそではあるんですが。。
【 2017/02/26 00:32 】

コラム  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

時代が変わる

2016年6月5日
ベーシックインカム国民投票(スイス)

2016年6月23日
EU離脱国民投票(イギリス)

2016年11月9日
ドナルド・トランプ当選(アメリカ)

東大卒電通社員の過労死問題もそうだが
経済成長第一主義・利益主義・資本主義の終焉か。

時代が変わる。

時間はかかるでしょうが今年が転換点としか言いようがない。
資本主義という大きな基盤上で活動してきた投資家としての活動も
徐々に警戒せざるを得ない状況かと思う日でした。


そういえばメカニカルトレードを題材にしたブログでしたねw
こうも過去に前例の無い歴史的な出来事が起きてる状況で
メカニカルとかシステマティックとか言ってる場合じゃないですよねw
前例(統計)あってのシステム、メカニカルなんでw

唯一今もなお同じなのは

「感情」

でしょうね。
人工知能といえども人間の行動パターンを真似るのがコンセプトなので
こればかりは普遍かと。
どっちにしても新時代の風潮をAIが学習するまでは
HFT等の取引による過去パターンの惰性は暫く続きそうですけどね。

そう考えれば考えるほどバリュー投資法はいつの時代も枯れない優れた手法ですよね。


それにしても

「創造の前に破壊あり」

とはよく言ったもんですね、ビルス様w
まさにトランプが破壊神なんじゃ?w
ドラゴンボール超の見過ぎですねw
ハイすいませんww
【 2016/11/09 23:49 】

コラム  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

切なさ

オリンピックに高校野球
感動しましたね。

トレーダーもアスリート並みのメンタルコントロールスキルを持ってると思うんですけど

感動の欠片もないw
それどころかギャンブルや投資詐欺などを連想して印象が悪いんで
初対面の人に仕事の内容聞かれても
「トレーダー」とも「投資家」とも返答しがたい。
なんなんでしょうねww

無難に自営業というと何の店を営んでいるのか突っ込まれてまた面倒なんで
フリーランス(IT系)ということに。。

完全自動では無いけど補助ツール作ってるし
AI導入に向けて少しづつ前進してるし
嘘は言ってないはず!!!w
【 2016/08/25 19:38 】

つぶやき  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |